国際警察協会について

国際警察協会( IPA = International Police Association)は1950年イギリスの故アーサートゥループ氏の提唱により発足した警察職員(OBを 含む)の友好親善と国際交流を通じて安全で平和な国際社会の実現に貢献しようとするボランティア団体(会のモットーはエスペラント語でSERVO PER AMIKEKO「友好を通じて奉仕する」)で、国連にもNGOとして正式に登録されており、各国の青年警察官が一定期間集まって集中的に研修するプログラムが毎年行われているほか、各国の警察活動を側面から支援するための取り組みや研究をしております。
 
現在加盟は63カ国約35万人ですが、犯罪者を許さない・悪を憎むという共通の認識を持っているせいか、同じ家族のような気持ちで友好関係を深めることができます。 交流活動も活発で,色々な国がそれぞれIPAメンバーが安価で泊まれる宿泊施設を持っていま す。
 
また、安心して参加できる安くて楽しい各種のイベントもいろいろな国が工夫を凝らして計画してくれますので、各国の警察関係者と意見やアイデア交換し、お互いに理解し合える平和な国際社会の実現に貢献していくのには大変便利です。ぜんぜん知らない、言葉もあまり通じない人でもすぐに打ち解け、家族のような気持ちで触れあえるのもこの会の魅力です。
 
日本のIPAは現在、アマチュア無線クラブ 、ツーリングクラブ 、世界のIPAに関する品物(切手、キーホルダー、ネクタイ、楯、バーナーなど)収集 等が在りますが、釣りや海外旅行など、色々なクラブも設け、楽しみながら、組織として安全で平穏な社会の実現に活発に寄与して行きたいと思っています。
 
警察関係者(OBも含む)の皆様の積極的な御参加を心からお待ちしております。