海外研修希望者に対する助成金の支給について

このたび、国際警察協会の会員が外国IPA等が開催するセミナー等に参加を希望する場合、「一般財団法人 JP生きがい振興財団」から助成金を受けることができるようになりました。これについては、金髙顧問が同振興財団と詳細な交渉を重ねてきまして、同振興財団から警察官として優秀な人材の育成を目的に貴重な助成金を受けることができるようになりました。

同振興財団の助成金を受けるためには、IPA Japan Section の会長から推薦が必要です。外国のセミナー開催団体と振興財団との連絡調整や事務手続きはすべて事務局で行います。

どうか多くの会員が外国IPA主催のセミナーやトレーニングに参加していただきたいと思います。そしてご自分の警察官としての、また人間としての教養や実務能力を高め、警察社会で大きく羽ばたき、大活躍ができるような、そんな人材になっていただきたいと念願しています。

社会の変化に伴い、日本政府も従来なかった在留資格を新設し多くの外国人を受け入れます。国際化、国際化といわれて長いですが、外国で警察官として訓練を受け国際犯罪の捜査や犯罪の発生傾向の分析、警察幹部としての心構え等々外国の警察官と一緒に勉強する機会はそう多くはありません。ぜひ多くの会員がこの制度を活用して、外国で勉強をしていただきたいと思います。

この件に関する問い合わせは、事務局まで。 e-mail は wari55@nifty.com または 携帯電話 080-5430-8611(割栢) まで。